ブログトップ | ログイン
日々記
tanukiblog.exblog.jp
すいとんと灯明(震災の後)
震災から一週間後の東京。
停電があり、体調不良が続き、職場以外あまり外出しなかったが、知人に食料を届けるために久しぶりに電車に乗った。
元気な顔を見て安心し、ついでに聖蹟桜ヶ丘で下車して買い物をする。
穏やかな天気の1日で、家族連れが多く出て、街はにぎわっている。
節電のために店も車内も電灯を減らし、夜6時になると消灯し街が暗くなったが、あまり不便は感じない。子供のころに農家で祖父母と暮らしていて、がちゃぽんで顔を洗い、薪で風呂をわかし、灯明を灯し、夜は街灯があまりないので、外出しなかった質素な生活を思い出す。
米が不足して、かわりに祖母と毎日のように食べていたすいとんやフライを作ることにする。
すいとんと灯明(震災の後)_f0152544_23342710.jpg
夕食は鳥ときのこと野菜をたっぷり入れたすいとん鍋。上州地粉の歯ごたえが懐かしい。
柚子の代わりに、ミカンの皮を削って添えてもおいしい。
すいとんと灯明(震災の後)_f0152544_2316586.jpg

ろうそくを灯明に替えた。芯もオイルも家にあるもので代用した即席ランプ。悲壮なニュースが多いので疲れたときに、小さな明かりを見ていると、落ち着く。
by tnkblog | 2011-03-20 23:48 | つれづれ…
<< お知らせ 大規模停電の夜 >>