ブログトップ | ログイン
日々記
tanukiblog.exblog.jp
震災と人災
日曜日、余震が続く東京調布。
夜は常用している薬、PHS、服、 水筒、非常用持ち出し袋を用意して寝る。

大地震のあった金曜日はちょうど八王子の病院にいたので、家に帰れなくなり、連絡もつかず、なんとか夜10時に市内の親戚の家にたどり着いて、泊めてもらう。吐き気が止まらず食事が出来ず、空腹のまま寝た。翌朝も寝不足で、まだ気分が悪く、寒気が止まらない。朝ご飯にお粥を作ってくれたお義母さんに感謝です。真夜中に家族がそろい、猫も無事帰ってきた。
調布のアパートに帰ってくると、本棚が落ち本や雑貨が雪崩をおこして散乱。トイレの水が止まらなくなり、修理。
土曜日は1日中二人で部屋の片付け。
PC周りは被害なし、作品は一部お茶に浸ったけど、だいたい無事。

物的被害は少なかったけれど、人災もあった。
ぎゅう詰めのバスで人につぶされて窒息しかけ、運転手さんに頼んで途中で降ろしてもらい、吐き気が治まるまで立てず。乗り物を見ると動悸がするので、しばらくは自転車通勤しか出来そうにない。人につぶされて動けない状態は本当に怖かった。
買い出しに出たら、スーパーが6時に閉店のアナウンス。慌てて走る買い物客に押され、駐車場でバックする車にぶつけられ、自転車の前輪をつぶされた。
by tnkblog | 2011-03-13 18:52 | つれづれ…
<< 大規模停電の夜 デザインフェスタ33チケットデ... >>